レッスン~今日の処方箋
leitmotiv百合ヶ丘~丘の上のピアノ教室
http://pianoleitmotiv.blog.fc2.com/

 

中村洋子第18回バッハ平均律アナリーゼ講座

カワイ表参道コンサートサロンパウゼ
2011/11/29
平均律Ⅰ第18番プレリュード/フーガ
 
 

ミニ発表会

2011年11月27日レッスン室にて

高2女の子お弟子ちゃん

ショパン:スケルツォ第1番
モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ

お客様は
おとうさま、おかあさま。
お友達とそのおかあさま。

緊張したけど楽しかったね。
ご両親も喜んでいらっしゃいました。
お友達にお花もいただいて感激していたね。


 
 

モーツァルト ロンド イ短調 kv511




20数年以上も前にうけたレッスン。
師匠の演奏、音色、おっしゃった言葉の一つ一つ
今でもはっきりと覚えている。

当時の私はレッスン中、畏怖と緊張でいっぱいいっぱい。
信じられないほど未熟な演奏する私に
師匠はあたたかく根気強く愛をもって教えてくださった。
弟子に対する愛というより、
音楽=ピアノ=演奏することに対する「愛」に満ちていた、と
今ならわかる。この譜面の書き込みから今でも伝わってくる。

------------------------------
手首に力が入ると無駄な重みが音にかかる。コントロールできない無神経な音になる。
腕で力を支える、手首の関節は柔らかく、指の付け根の関節が無神経にならないように。

衝撃音・衝突音はぜったい×
腕の重みをつかっても音は重くならない。
腕で力を支えてfは手首でpは指の関節で。やわらかいfはっきりしたp。
スラ-のはじまりの音を明確に。
おなかから歌う。声・息のように弾く。手首は緩める。

9
三十二分音符時間をかける。わずかに。
15
八分音符表情をつくる。
31
ソプラノ長く響くような立ち上がりの音。
32
内声の響きを厚く。
37
みふぁ・リズム感
38
低音部膨らみをもって。
40
響きの厚み。
49
低音部ずるずるしない。リズム。
76
十六分音符にスラ-がある。スラ-おわりは軽く。
80
ソプラノ。大事。消えない
98
アウフタクトから積極的に。
121
左手長いフレーズをまとめる。
157
三十二分音符よく歌う
177
そわそわしない、ゆったり、深刻。
181-182
声・息・木管楽器のように。



---------------------

赤字は師匠の書き込み。
(譜には鉛筆で控えめに)
あちこちに、にょろにょろと師匠の書き込み。
(スケールの大きな師匠の演奏とは結びつかない、弱々しく遠慮がちな線)
でも
師匠の求めることがよくわかる。



でも・・・当時は出来なかった・・・ごめんなさい(>_<)
今も・・・むずかしい・・・
 
 
 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 レッスン~今日の処方箋, all rights reserved.