レッスン~今日の処方箋
leitmotiv百合ヶ丘~丘の上のピアノ教室
http://pianoleitmotiv.blog.fc2.com/

 

成長過程

思春期のイライラ感。

静かに見守るだけです。

いずれ通り過ぎることです。

たくさんのお弟子ちゃんが

成長していきました。

ジンセイがんばれ、と応援しています。

哲学の木1



 
 

ミニリサイタル

レッスン室にて
トンプソン小さな手のための教本修了記念
ミニリサイタルです。

お父さまお母さまそしてまだbabyの妹ちゃんが
お客様です。

前日の練習では
照れているのか
緊張しているのか
おじぎもへにょへにょしていましたが…

なんと
当日は
良い緊張感を持ち
素晴らしい集中力で
演奏しました。

曲の空気感をもって曲に入る
そのときの呼吸
一曲ごとの余韻
曲間の佇まい
共演者(センセ)への気遣いと合図。
なにも教えていなかったのに
すばらしい!(^^)!
お辞儀も完璧。

センセイは久しぶりに感動を覚えました。
一を聞いて十を知る。
センスもハートもある。
褒めちぎるわたし。
これからも、楽しく弾いていこうね。



アンコールは
あまちゃん連弾。

ママが「ひけたー」と小さな声でおっしゃったのが
ほほえまし。


うちわ

 
 

美しすぎる響き

プロコフィエフ
ピアノソナタ第6番第4楽章。

プロコぶつかる音


浄化されたような透明な響きでは
逆に気持ちわるいような。

今日のお弟子ちゃんは
美しく響かせていたけれど
もう少し毒気があったほうがいいような。

2音をちょっとずらして
(ほぼ)同時に鳴らします。
どっちが先に鳴るかで
透明度が違います。
どちらが先に鳴る方がえぐいかな?
ここは…
えぐみがあった方がいいような。

今日の処方箋。


 
 

うたは苦手と言うけれど

細くて小さな声でいいんだよ。
自分の出したピアノの音と混じり合って
よく聞こえないくらいでいいんだよ。

息もたくさん吐かなくていいんだよ。
むしろ吸うように。

ピアノ音とハモると、わかるよね、うれしいよね。

ピアノの練習の時の歌う声はそれでいいのよ。

苦手(>_<)って
いつもこんな顔(>_<)してたけど、
すらすらきれいに歌えっちゃったね。

今日の処方箋です。
ツユクサブログ
 
 

3でアホになる?

そんなネタを持つお笑い芸人さんがいましたね。

(お笑いの間は勉強になりますよ)

ここでは5でアホになってみましょう。

今日のお弟子さんは
5が弱点。
5のたびに止まって
何度か弾いてみる。
鍵盤を押したまま手首を回したり腕を振ったりしてみる。
そうすると、指にどんどん重みがかかります。
指が目覚めます。


3であほになる?



 
 
 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2013 レッスン~今日の処方箋, all rights reserved.