レッスン~今日の処方箋
leitmotiv百合ヶ丘~丘の上のピアノ教室
http://pianoleitmotiv.blog.fc2.com/

 

強く 弱く

fとp
強くと弱く
これが大問題なわけです

作曲家の書く
fとpについて
解釈が必要で
ただ
強く、弱くではないわけで
そもそも
強いって?弱いって?なに?

迷宮入りしちゃうわけですが


バスティン1のお弟子ちゃん
fは強く
pは弱く
と説明
今のところは
これでいいかと思いつつ
宿題にしました

次のレッスン
「強く」「弱く」が
いい塩梅に表現できていて
嬉しくなっちゃいました
要するに
曲を捉えるセンスなのだなあと
感心しました

さて、
心配なのは
この段階で次の先生に代わること
「前のセンセーは
fは強くpピアノは弱くっていってた」

なんてことになったら大変笑
fとpを解釈できるまでは
やめないでね~

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
 
 

シューベルト ヴァイオリンソナタ

上里はな子先生との室内楽勉強会
三回目
シューベルトヴァイオリンソナタにとりくんでいます
考えすぎるほど考えたら
・・・考えても考えても足りないのですが・・・
あとは考えないで弾く
ひたすら
ヴァイオリンに耳を委ねると
自分の音がよく聴こえてきたりする
するとまた
いろいろ仕掛けたくなる・・・
仕掛けてもはな子先生はしっかり受けとってくれます

楽しいが止まらない
次回は本番
 
 

正解がないことが正解

正解は無いんですよ

手のかたちも
身体のつかいかたも
譜のよみかたも
正解は無いんです

それがわかればしめたもの

 
 
 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 レッスン~今日の処方箋, all rights reserved.