レッスン~今日の処方箋
leitmotiv百合ヶ丘~丘の上のピアノ教室
http://pianoleitmotiv.blog.fc2.com/

 

Bachインヴェンション14

(テクニック)
14小節~
配置
1、中指は鍵盤に沿って真っすぐに(なるべく白鍵と角度がつかないように)
2、黒鍵にのる指を選ぶ(弾きやすさ=自分の指のくせ・黒鍵と白鍵の高さの違いを考える)
3、鍵盤の位置を決める(黒鍵が多いパターンは鍵盤の奥ゆきを使う)
各パターンごとに決めていきます。

移動
ひじの角度、わきの角度(肩を支点に)を認識する。
奥行きを使う場合は前方への角度、
横に跳ぶ場合は横方面への角度を意識する。
拍内の音を全部押さえて、パターンごと移動する練習。

速いパッセージの練習
指先から3番目の関節(指の付け根)を安定させる。高さを保つこと。
高さを保つということは
3番目の関節から鍵盤に触るまでの距離が一音一音違うということ。
黒白鍵盤の高低差で距離が違うということ。
親指は指のつき方が違うので動く方向が他の指と違う。
距離のある指はより速く動かす意識をもつ。
一音一音、つまり、ゆびの1本1本で打鍵速さが違うということ。


(着想)5度進行=4小節から5小節左手~♭し♭みられそどふぁ


(テーマ)3度5度4度、3度6度3度
1小節目右手
♭しどれ・れど♭し=3度
♭しふぁ=5度
2拍目ふぁ♭し=4度

3小節目右手
どれ♭み・♭みれど=3度
どら=6度
2拍目らど=3度

音程(音の距離感を感じて)で歌いましょう。



(曲想)新緑木漏れ日。光があたる葉、風にそよいで変化する光欝。





 
 
 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 レッスン~今日の処方箋, all rights reserved.